お役立ちコラム

クレジットカード現金化で後悔したリアルな経験と後悔しないための対処法について解説

2021.07.13

2021.07.24

クレジットカード現金化で後悔したリアルな経験と後悔しないための対処法について解説

「現金化業者の換金率が思ったより低かった」「現金化に依存してしまって後悔した」といった経験はありませんか?

クレジットカード現金化は、本人名義のクレジットカードがあれば、簡単な手続きで現金を手にすることができる便利な手段です。

しかし、現金化の方法や依頼する現金化業者、現金化を利用するタイミングを慎重に選ばなければ、取り返しのつかない後悔につながります。

今回はクレジットカード現金化の利用者から「後悔した経験」を集め、初めての方も、すでに利用したことのある方も、クレジットカード現金化で後悔しないための対処法について解説します。

クレジットカード現金化に関する
おすすめ現金化店ランキング

和光クレジット

和光クレジット

平均換金率91.2%!カード事故・トラブル0件の安全な現金化を実現

  • 総合評価

    3.21

  • 換金率

    87% ~ 94%

  • 限度額

    3万円 ~ 1000万円

詳細はこちら

公式サイト

新生堂

新生堂

20万円のご利用で換金率87%を保証!コロナ応援キャンペーンも実施中!

  • 総合評価

    3.06

  • 換金率

    87% ~ 96%

  • 限度額

    3万円 ~ 0万円

詳細はこちら

公式サイト

どんなときもクレジット

どんなときもクレジット

手数料0円で最大換金率98%の現金化を実現!

  • 総合評価

    3.15

  • 換金率

    88% ~ 98%

  • 限度額

    5万円 ~ 300万円

詳細はこちら

公式サイト

ユーウォレット

ユーウォレット

徹底したお客様サポートで安全性の高い現金化を実現!

  • 総合評価

    3.34

  • 換金率

    90% ~ 98%

  • 限度額

    10万円 ~ 0万円

詳細はこちら

公式サイト

らくらくマネー

らくらくマネー

個人情報保護士在籍|らくらくマネーで安心安心な現金化を!

  • 総合評価

    3.47

  • 換金率

    91% ~ 98%

  • 限度額

    1万円 ~ 100万円

詳細はこちら

公式サイト

この記事の内容

クレジットカード現金化で後悔しがちなこと

クレジットカード現金化の利用者の方に、「過去に後悔した現金化の事例」を伺ったところ、以下の回答が寄せられました。

  • 想定していたよりも換金率が低かった
  • クレジットカード現金化をしていたことが家族にバレた
  • クレジットカード現金化がカード会社にバレて利用停止になった
  • 1回の利用のつもりが繰り返し利用して返済が苦しくなった
  • 信用情報にキズがついてしまった
  • 現金化業者に騙された

それぞれの事例について、後悔してしまった原因を深堀りしていきましょう。

想定していたよりも換金率が低かった

原因:クレジットカード現金化の実際の換金率を調べずに申し込みをした

クレジットカード現金化で後悔した理由の最も多いパターンが、「思っていたよりも換金率が低かった」です。

とくに「高換金率」をうたう現金化業者にカード現金化を依頼したパターンでは、顕著に見られました。

ほとんどの現金化業者はホームページ等で「最大98.5%の換金率」といった、あたかも非常に高い換金率で現金化ができることをイメージさせる広告を出しています。

しかし、実際の現金化業者の換金率の相場は、75%~85%です。

ホームページ等で提示されている高い換金率は、あくまでも「最大値」であり、そこから商品代金の消費税や各種手数料が差し引かれる場合があります。

実際の換金率を調べずに、現金化業者のホームページの広告等を鵜呑みにすると、「思っていたよりも換金率が低かった」と後悔する羽目になります。

クレジットカード現金化をしていたことが家族にバレた

原因:家族カードを使って現金化をした、カードで購入した商品が自宅に届いた

通常、クレジットカード現金化が家族にバレるということはほとんどありません。

万が一、クレジットカード現金化が家族にバレたのであれば、考えられる原因は上記2つです。

現金化に利用したカードが家族カードだった場合は、利用明細上で高額商品の連続購入をした履歴が家族に見られ、不審なお金の動きから現金化がバレる可能性があります。

さらに、クレジットカード現金化は、クレジットカードで商品を購入することが前提であり、現金化の際に購入した商品が自宅に届く場合もあります。

現金化を利用した本人ではなく、家族が自宅に届いた商品を開封した場合、そこから現金化の利用がバレる可能性もゼロではありません。

家族や職場にクレジットカード現金化がバレて、カードの使い方を不審がられたり、お金の心配をされたりしたくない場合は、しっかりと第三者にばれない対策を講じる必要があるでしょう。

クレジットカード現金化がカード会社にバレて利用停止になった

原因:カード会社にバレないための対策を講じていなかった

クレジットカード現金化は違法行為ではないものの、カード会社が利用規約で禁止している「換金目的の利用」にあたります。

したがって、現金化がカード会社にバレると、利用規約違反としてカード利用停止などのペナルティーが課される場合があります。

自分でクレジットカード現金化を行うときはもちろん、専門業者に依頼するときも、カード会社に現金化がバレないための対策が必須です。

たとえば、現金化に利用するクレジットカードが以下のような利用状況だった場合、カード会社に現金化が疑われやすくなります。

カード会社に現金化が疑われやすい利用状況
  • 新規発行したばかりのクレジットカードでショッピング枠いっぱい利用する
  • Amazonギフト券や新幹線の回数券など換金性の高い商品を購入する
  • ショッピング枠いっぱいまで利用、すぐに返済を繰り返している

上記の利用状況に当てはまったとしても、ただちにクレジットカードが利用停止になることはありません。

しかし、現金化が疑われた後の対応がまずかったり、うっかり現金化の事実を話してしまったりすると、カード利用停止になる可能性が高くなります。

カードが利用停止になると、クレジットカードでショッピングやキャッシングが使用できません。

常習的に現金化を行っていたことがバレれば、より重いペナルティーである強制解約となる場合があります。

強制解約は利用金額の一括請求およびカードの利用停止、さらには個人信用情報機関に最大5~10年事故情報として登録され、その間は新しいクレジットカードの発行やローンを組むことができません。

日頃からクレジットカードを利用している人にとっては、カード現金化が原因でカード利用停止になることは絶対に避けたいところです。

1回の利用のつもりが繰り返し利用して返済が苦しくなった

原因:カードの返済計画を立てずに現金化をしてしまった

クレジットカード現金化は、クレジットカードで購入した商品を換金したり、現金化業者を利用したりすることで、簡単に現金を手にすることができる便利な方法です。

しかし、クレジットカードを使用すれば、それだけ翌月以降の返済負担が大きくなります。

クレジットカードは、ショッピング枠が30万円、50万円……と、1ヶ月の収入よりも高い利用枠が与えられていることも少なくありません。

「利用枠=自分のお金」と錯覚しがちですが、実際はカード会社が建て替えているに過ぎず、返済が必要なお金です。

繰り返しクレジットカード現金化をすれば、当然ながら返済額は膨らんでいきます。

また、クレジットカード現金化は分割払いやリボ払いも利用できますが、その場合は月々の支払いに分割・リボ数料が加算されます。

自身の返済能力を超えてクレジットカードを利用すると、いずれ破綻することは火を見るよりも明らかです。

したがって、クレジットカード現金化はカード会社に対して借金をしているという意識を持ち、計画的に利用しなければなりません。

 

 

信用情報にキズがついてしまった

原因:カード現金化が原因で支払いを滞納した、現金化がカード会社にバレて強制解約になった

クレジットカード現金化は、カードの利用履歴上では通常のショッピングと変わらないため、現金化をしたからと言って信用情報にキズがつくことはありません。

しかし、クレジットカード現金化に起因して、以下のようなカード利用をすると、信用情報にキズがつく(悪いクレヒスがたまる)ことがあります。

  • クレジットカードの支払いを滞納した
  • 現金化がカード会社にバレて強制解約になった
  • カードの返済ができず債務整理をした

クレジットカードは、ショッピング枠が30万円、50万円……と、1ヶ月の収入よりも高い利用枠が与えられていることも少なくありません。

「利用枠=自分のお金」と錯覚しがちですが、実際はカード会社が建て替えているに過ぎず、返済が必要なお金です。

繰り返しクレジットカード現金化をすれば、当然ながら返済額は膨らんでいきます。

また、クレジットカード現金化は分割払いやリボ払いも利用できますが、その場合は月々の支払いに分割・リボ数料が加算されます。

自身の返済能力を超えてクレジットカードを利用すると、いずれ破綻することは火を見るよりも明らかです。

したがって、クレジットカード現金化はカード会社に対して借金をしているという意識を持ち、計画的に利用しなければなりません。

 

 

現金化業者に騙された

クレジットカード現金化には、専門業者を利用するという選択肢があります。

現金化業者を利用すれば、ネットで申し込みをするだけで最短30~60分で現金化が完了するため非常に便利です。

しかし、現金化業者の中には、後で高額な手数料を請求したり、実際の換金率と異なるレートで現金化をしたりするなど、詐欺行為を働く悪質な業者も存在しています。

さらに、現金化業者は消費者金融会社と違って、開業するための免許や資格などが必要ありません。

だれでも開業することができるため、高利貸しを営む闇金業者や、個人情報を売買する悪質な業者などが紛れ込んでいる可能性があります。

実際に、カード現金化を装って高利貸しを営んでいた現金化業者が逮捕、摘発された事例が報告されています。

高い換金率やお得なキャンペーンに騙されて、個人情報やカード情報が悪用されるようなことがあっては元も子もありません。

 

クレジットカード現金化で後悔しないための対処法

先ほど解説した「クレジットカード現金化で後悔した事例」の具体的な対処法は、以下のとおりです。

後悔した事例 対処法
想定していたよりも換金率が低かった
  • 事前に相見積もりを依頼して比較検討する
クレジットカード現金化をしていたことが家族にバレた
  • 自宅に商品が届かないカード現金化をする
クレジットカード現金化がカード会社にバレて利用停止になった
  • 「カード事故0件」の現金化業者に依頼する
1回の利用のつもりが繰り返し利用して返済が苦しくなった
  • 返済計画を立てて無理のない範囲で利用する
信用情報にキズがついてしまった
  • 現金化をした事実を明かさずに、カード会社に返済計画を相談する
現金化業者に騙された
  • 利用者の口コミ評判を参考にして優良業者を選ぶ

それぞれの対処法について、詳しく見ていきましょう。

現金化業者の換金率は事前に相見積もりを依頼して比較検討する

「想定していたよりも換金率が低かった」と後悔しないためには、事前に複数の現金化業者に相見積もりを依頼して、比較検討することが対処法になります。

現金化業者のホームページ等で提示されている換金率は、あくまで最大値です。

実際の現金化では、そのような高い換金率が採用されることはまずありません。

事前に「実際の換金率」や「実際の振込額」を知るためにも、複数の現金化業者に相見積もりを依頼して、比較検討するようにしましょう。

相見積もりとは、複数の取引相手から同じ条件で見積もりを出してもらうことを指します。

クレジットカード現金化でも、複数の現金化業者に見積もりを依頼して、もっとも条件の良い業者と取引することが大切です。

現金化業者によっては、他社よりも換金率が低い場合に、他社より高い換金率を提示してくれる場合があります。

クレジットカード現金化は急いで現金が必要なときに有効な手段ですが、ひと手間かけて相見積もりをすることで、手元に残せる現金を多くすることができます。

相見積もりは換金率や振込額のみならず、各業者のスタッフの対応や安全への取り組みなども知ることができるので、ぜひ実践してみてください。

 

 

家族にバレないためには自宅に商品が届かないカード現金化をする

クレジットカード現金化をしていたことが家族にバレないためには、自宅に商品が届かないカード現金化をすること、家族カードを極力使わないことが対処法になります。

まず家族カードを使っての現金化は、高額になるほど疑われやすくなります。

できれば事前に家族の許可を得ておくか、別の方法で現金を調達することをおすすめします。

自宅に商品が届かないカード現金化には、以下の方法があります。

「買取式」と呼ばれる仕組みを採用している現金化業者は、利用者がカードで購入した商品をその場で買い取って現金化します。

そのため、現金化後に商品が自宅に送られることがありません。

一方、「キャッシュバック式」と呼ばれる仕組みで現金化サービスを提供している現金化業者は、利用者本人が商品を受け取ることが必須です。

商品を自宅に送付してもらいたくない場合は、局留めやコンビニ受け取りなど自宅以外の場所で受け取りましょう。

自分で行う「Amazonギフト券(Eメールタイプ)をギフト券買取サイトで換金する」方法は、すべての手続きがオンラインで完結し、なおかつ商品が自宅に届くことがないため、家族にバレることがありません。

 

 

カード会社にバレないためには「カード事故0件」の現金化業者に依頼する

クレジットカード現金化がカード会社にバレて利用停止にならないためには、「カード事故0件」の実績がある現金化業者に依頼することが対処法になります。

自分で現金化を行う場合は、カード会社に現金化がバレにくい商品、商品の購入先、利用金額を自己責任で選ぶ必要があります。

一方、「カード事故0件」の実績がある業者は、過去にカード利用停止や強制解約といったトラブルがありません。

なぜなら、申込者のクレジットカードの利用状況に応じて、現金化がバレにくい商品や利用金額を提案してくれるからです。

10年以上の営業実績がある老舗の現金化業者なら、なおさら現金化がバレにくいノウハウが豊富にあります。

優良現金化業者は公式ホームページで「カード事故0件」を掲げているため、そういった実績も業者選びの参考にしましょう。

 

 

カード現金化は返済計画を立てて無理のない範囲で利用する

繰り返しカード現金化を行うと、それだけ借金が増えることになるため、返済計画を立てて無理のない範囲で利用することが対処法になります。

すでに述べたとおり、クレジットカードのショッピング枠の現金化は、カード会社への借金と同じです。

しかもクレジットカード現金化は自分で行う場合も、現金化業者に依頼する場合も、カードの利用金額に対して、10%~30%の手数料がかかっていることになります。

たとえば、クレジットカードで購入した10万円の商品を、現金化業者に換金率80%で買い取ってもらった場合、現金化できる金額は8万円です。

換金率80%を手数料に換算すると20%、つまり、8万円の現金化のために、2万円の手数料を現金化業者に支払ったことになります。

翌月のカード支払日までに一括なら10万円の支払いですが、分割払いやリボ払いにすれば、さらに分割・リボ手数料が上乗せされます。

これを繰り返せば、借金がどんどん膨らんでいくことは言うまでもありません。

クレジットカード現金化はあくまでも緊急時の現金調達手段と割り切り、1ヶ月に1回と限定して利用しましょう。

カード現金化で返済が苦しくなったらカード会社に返済計画を相談する

クレジットカードの利用で借金が膨らみ、返済が難しくなった場合は、カード会社に返済計画を相談することが対処法になります。

クレジットカードは契約どおりの約定日に、決まった金額を支払いうのが原則ですが、それが困難になった場合、カード会社に支払条件の変更を申し出ることができます。

その際、支払いが困難に陥った原因と、利用者自身が現在おかれている状況についてカード会社の担当者に伝え、返済計画を十分に話し合います。

カード会社に黙って返済を遅らせれば、約定日から61日以上滞納した時点で、信用情報に事故情報として登録されてしまいます(いわゆる信用にキズがつく)。

ただし、カード会社に相談する際、クレジットカード現金化を利用した事実を話すのはNGです。

借金について相談できるどころか、カード利用停止や強制解約、利用金額の一括返済といったペナルティーが課される可能性が高くなります。

カード会社と話し合った返済計画でも難しい場合は、債務整理という選択肢もあります。

 

 

悪質業者に騙されないためには口コミ評判を参考にして優良業者を選ぶ

悪質な現金化業者に騙されないためには、口コミ評判を参考にして優良業者を選ぶことが対処法になります。

クレジットカード現金化業者を選ぶ基準は、換金率やスピードも大切ですが、何より利用者の口コミ評判が重要です。

口コミ評判では、以下の情報に注目しましょう。

  • 実際の換金率や振込金額はいくらだったか
  • 消費税や手数料はかかったか
  • スタッフの対応は良かったか(強引な勧誘などはなかったか)

これらは、現金化業者のホームページ上では公開されておらず、利用者の口コミ評判からでしか知り得ない情報です。

利用者の口コミ評判は、SNSや2ちゃんねる(現5ちゃんねる)よりも、クレジットカード現金化に特化した情報サイトやまとめサイトが参考になります。

口コミ評判で情報を集めたら、利用したい現金化業者の候補を絞り、それから相見積もりを取るとより効率的です。

当サイトでは口コミで評価の高い現金化業者を検索できるシステムを無料で提供しています。

ぜひ現金化業者選びの参考になさってください。

 

クレジットカード現金化で後悔しないための対処法に関するQ&A

クレジットカード現金化で後悔しないための対処法に関して、よくある質問とその回答をQ&Aにまとめました。

  • クレジットカード現金化業者がホームページで提示している換金率と、実際の換金率は違うのですか?

    ホームページ記載の換金率は「最大値」となります。

    現金化業者のホームページ等では「最大98.5%の換金率」といった、いかにも非常に高い換金率を提示していますが、実際の換金率はもっと低い75%~85%です。
    90%を超える高い換金率はあくまでも「最大値」であり、実際の現金化では消費税や各種手数料が差し引かれます。
    「思ったより換金率が低くて後悔」しないためにも、事前に現金化業者に問い合わせ、実際の換金率や振込金額を聞いておくようにしましょう。
    >>「現金化業者の実際の換金率を知る方法」について詳しく見る

  • 職場の人にクレジットカード現金化を知られたくないのですが、現金化業者は在籍確認が必要ですか?

    必要ありません。

    そもそもクレジットカード現金化は審査不要で利用でき、在籍確認も行われません。
    もし現金化業者に「在籍確認が必須」と言われたら、その業者は高利貸しを営む闇金融業者の可能性があります。

 

現金化をお考えの方へ

クレジットカード現金化で後悔する理由と、後悔しないための対処法について解説しました。

換金率と安全性を両立させて「カード会社に現金化がバレずに、なおかつ高い換金率で現金化する」には、口コミ評価の高い優良現金化業者を選ぶことが大切です。

口コミで換金率や安全への取り組み、スタッフの対応が高く評価されている現金化業者であれば、初めてカード現金化を行う方でも安心して利用できます。

当サイトでは換金率や営業実績など、さまざまな角度から優良現金化業者を厳選して紹介しています。

ぜひ現金化業者選びの参考になさってください。

和光クレジット

和光クレジット

  • 換金率

    :

    87%~94%

  • 限度額

    :

    最低3万円 最高1000万円

  • 振込スピード

    :

    最短
    5

  • 接客対応

    :

    評価
    87

  • 営業時間

    :

    10:00~17:00

  • 換金率

    87%~
    94%

  • 限度額

    最低3万円 最高1000万円

  • 振込早さ

    最短
    5

  • 接客対応

    評価
    87

  • 営業時間

    10:00~
    17:00

和光クレジットはカード事故0件、クレーム0件のお客様から信頼が厚いサービスを提供しています。 現金化プランは「個人プラン」と「法人プラン」に分けられており、どちらのプランも最短5分でのお振込みが可能です。 コロナの影響で収入が減った方を対象

限定キャンペーン

コロナで減収の方限定「20万円以上のご利用で92%保証」

イチオシ特典

期間&回数限定「10万円以上で88%保証」

3.21

口コミ件数
14

口コミを見る

口コミ評価 :

3.21

口コミ件数14

  • !!!

    最短5分って嘘でしょって感じだったけどマジであっという間に口座に入金されたのと、担当と話してみて身内にバレないって信用出来たから助かった。
  • ゆうちょ持ってるって言ったじゃないですか!

    ゆうちょなら時間外でも振り込みOKだって言うから申し込みしたのに、スタッフさん何を聞いていたのか「地方銀行に振り込みます」って忙しいのかも知れないけど、こっちだって切羽詰まって相談してるんです!

口コミを見る

詳細を見る

おすすめ現金化店ランキング

大吉屋

大吉屋

利用件数12,000件突破!手数料一切なしの頼れる現金化サービス

  • 総合評価

    3.40

  • 換金率

    87% ~ 95%

  • 限度額

    1万円 ~ 200万円

詳細はこちら

公式サイト

ロイヤルゲート

ロイヤルゲート

最大5万円プレゼント!安心の現金化ならロイヤルゲート

  • 総合評価

    3.02

  • 換金率

    90% ~ 98.5%

  • 限度額

    1万円 ~ 0万円

詳細はこちら

公式サイト

ユーウォレット

ユーウォレット

徹底したお客様サポートで安全性の高い現金化を実現!

  • 総合評価

    3.34

  • 換金率

    90% ~ 98%

  • 限度額

    10万円 ~ 0万円

詳細はこちら

公式サイト