乗換・手数料の見直し

お得な現金化店に乗り換えよう!乗り換え 手数料の見直し お得な現金化店に乗り換えよう!乗り換え 手数料の見直し

現在クレジットカード現金化をご利用中の方、
ご利用条件や利便性に満足されてますか?

  • 手数料をもう少し何とかしたい
  • 毎月の返済が大変だ
  • 借入元本をもう少し減らしたい
  • 複数の借入先があるので、うっかり返済忘れをなくしたい

等のご要望がおありなら、この機会にご利用中の現金化店を見直してみてはいかがでしょうか。現在ご利用中の現金化店を見直しして頂くことで、
いくつかメリットがあるかもしれません。

Monetization fee may go down! ?手数料が下がるかも!? Monetization fee may go down! ?手数料が下がるかも!?

クレジットカード現金化をご利用される際に一番気になるのが手数料ではないでしょうか?
ご利用中の現金化を見直していただくことで、よりよい条件の現金化店に乗り換えることができるかもしれません。改めてご利用中の現金化店の手数料・換金率をお確かめいただいたうえで、クレジットカードローンの口コミ掲載サービスの手数料と比べてみてください。

What is the Credit Card Cashback Transfer?クレジットカード現金化の乗り換えとは何か? What is the Credit Card Cashback Transfer?クレジットカード現金化の乗り換えとは何か?

「乗り換えしてみようかな」と、考えたことのある方は多いでしょう。
クレジットカード現金化の乗り換えとは、現在利用している現金化店よりも、さらにメリットのある現金化店に乗り換えすることを指します。
乗り換えの認知度が高い理由は、住宅ローンの乗り換えを想像する方が非常に多いからです。
しかし、何千万円というお金を借りる住宅ローンとは違い、現金化店の乗り換えは非常にわかりやすいものです。

良い条件の現金化店に乗り換えることで受け取れる現金額が増加する

Refinancing advantages and disadvantages乗り換えのメリット・デメリット Refinancing advantages and disadvantages乗り換えのメリット・デメリット

乗り換えのメリット・デメリットを
簡単にまとめると以下の通りです。

  • 01

    現金を多く受け取ることができる

  • 02

    条件の良い現金化店を選べる

  • 03

    支払方法を選ぶことができる

  • 04

    支払額を減らすことができる

  • 01

    再度申込をする必要がある

  • 02

    選択して店舗によっては必要書類を送る手間がかかる

  • 03

    選択ミスをすると、条件が悪化する場合もある

  • 04

    現金化店を選ぶ手間がかかる

上記をご覧いただくとわかりやすいのですが、乗り換えのメリット・デメリットは、
「自分に合った乗り換え先を上手く見つけることができるかどうか」に全てかかっているのです。

さらに詳しく乗り換えのメリット・デメリットについて知りたい方は、
下記の記事を参考にしてみてください。

ここで、よく混同されやすい「乗り換え」と「おまとめ」の違いについて、触れておきたいと思います。

乗り換えとおまとめの違いは、対象となる貸金契約の数が異なることです。
対象となる貸金契約が1社だけの場合は「乗り換え」、
複数の貸金契約を1社にまとめる場合は「おまとめ」、というように分類されます。

乗り換え

「乗り換え」事例

金利18%の消費者金融カードローン1社から、
低金利な銀行カードローン1社に乗り換えた場合

仮に30万円・36回払い(3年)の貸金契約とすると、金利18%の毎月の支払いは10,399円、総返済額は374,368円です。一方、銀行カードローンの金利10%に乗り換えた場合、毎月の支払いは9,680円、総返済額は348,466円となります。とくに借入額が大きい場合は、金利が1%違うだけでも毎月の返済額、総返済額にかなり大きな金額の差が生じます。急ぎでお金が必要なときに、スピードに優れた消費者金融カードローンで借りたら、後で銀行の低金利なカードローンに乗り換え、返済負担を抑えるという方法が有効です。

おまとめ

「おまとめ」事例

3 社の消費者金融を利用していたが返済を効率化するた
め、低金利な銀行カードローン1社に契約をまとめた場合

仮に消費者金融A社から30万円・金利18%で毎月10,845円返済、B社30万円返済・金利17%で毎月10,695円返済、C社40万円・金利16%で毎月14,062円返済の貸金契約を結んでいたとします。これら消費者金融3社からの借入残高を銀行D社カードローンの100万円・15%におまとめした場合、毎月の返済回数は3回から1回になり、毎月の返済額も合計35,602円から34,665円に抑えられます。なお、おまとめローンは総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超える残高を一本化できる可能性があります。