お金のコラム

LINEポケットマネーの審査は厳しい?審査基準・在籍確認の有無・審査に落ちたときの対処法について解説!

2023.11.22

2023.12.10

LINEポケットマネーの審査は厳しい?審査基準・在籍確認の有無・審査に落ちたときの対処法について解説!

LINEポケットマネーは、LINEでお金を借りられる個人向けローンです。

一般的なカードローンとは異なる独自審査を採用しているのが特徴で、AIによるLINEスコアを使って審査を行います。

そのため、LINEスコアとは何なのか、LINEポケットマネーの審査は甘いのか厳しいのか気になる人もいるでしょう。

そこで今回は、LINEポケットマネーの審査基準や在籍確認の有無についてわかりやすく解説します。

審査に落ちた対処法も紹介しているので、利用を検討している人はぜひ参考にしてください。

LINEポケットマネーの基本情報

LINEポケットマネーとは、LINE Credit株式会社が提供する個人向け融資サービスです。

2019年にサービスが開始されたばかりですが、累計申込み件数はすでに150万件を突破しており、人気・知名度ともに高いことがわかります。

LINEポケットマネーの特徴は、独自審査の「LINEスコア」によって利用限度額や借入利率といった条件が決まることです。

いつでも必要な分だけ借入や返済ができ、すべてLINEで完結できるのはLINEポケットマネーを利用するメリットと言えます。

LINEポケットマネーの基本情報
申込み方法LINEアプリから申込み
年会費無料
利用限度額3万円~300万円
融資額1円~(1円単位)
金利実質年率3.0~18.0%
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式
返済方法LINEPayに連携した返済口座からの返済
LINEPay残高による返済
返済期日毎月16日または26日(土日祝日の場合は翌営業日)
担保・保証人浮揚

LINEポケットマネーの審査基準

では早速、LINEポケットマネーの審査基準から見ていきましょう。

申込み条件を満たしている

LINEポケットマネーの利用には、以下の申込み条件を満たしている必要があります。

  • 新規契約時の年齢が20歳~65歳までの人
  • 安定かつ継続した収入の見込みがある
  • LINEPayアカウント(MONEY)に登録が済んでいる

新規契約時の年齢が20歳~65歳までの人

LINEポケットマネーは新規契約時の年齢が20歳〜65歳までの人が対象のサービスです。

成人年齢引き下げによって18歳や19歳が利用できるローンサービスも増えましたが、LINEポケットマネーは20歳以上を融資対象にしています。

すでに社会人として働き収入がある場合でも、20歳未満はLINEポケットマネーを利用できないので注意が必要です。

また、年齢が65歳を越える人も、働いて収入があるかどうかに関係なく利用の対象外となります。

安定かつ継続した収入の見込みがある

LINEポケットマネーは、安定かつ継続した収入の見込みがある人を対象に融資を行っています。

毎月一定の金額の収入が継続してあることが重視されるので、年収や雇用形態は関係ありません。

安定かつ継続した収入があれば、学生・主婦・アルバイトの方でもサービスの利用が可能です。

ただし、日雇いバイトなど継続した収入を証明できない場合は、審査通過が難しくなります。

安定かつ継続した収入を証明するには、最低でも半年程度は同じ職場で働き収入を得ることが理想です。

LINEPayアカウント(Money)に登録が済んでいる

LINEポケットマネーを利用するには、LINEPayアカウント(Money)に事前登録が必要になります。

アカウント作成時はアカウントタイプがLINEPay(Kyash)の状態ですが、本人確認を済ませるとアカウントタイプをLINEPay(Money)にすることが可能です。

LINEPay(Kyash)LINEPay(Money)
チャージ上限10万円100万円
決済上限10万円(1回)100万円(1回)
送金不可能可能
出金不可能可能
割り勘不可能可能
本人確認の有無不要必要

総量規制に該当していない

LINEポケットマネーは貸金業者からの借入となるため、総量規制の対象となります。

そのため、審査では総量規制に該当していないか判断され、借入残高が年収の3分の1を超える場合は新規の借入ができません。

他社で総量規制の対象となる借入がある場合は、総量規制に該当していないか事前に確認しておきましょう。

自身の借入が総量規制の対象か分からない場合は、以下の表を参考にしてください。

総量規制の対象総量規制の対象外
・消費者金融のカードローン
・信販会社のカードローン
・クレジットカードのキャッシング
・銀行のカードローン
・借り換え・おまとめローン
・クレジットカードのショッピング
・住宅ローン
・自動車ローン

返済能力がある

LINEポケットマネーは安定かつ継続した収入がある人を対象に融資を行うため、当然ながら審査で重視されるのは返済能力があることです。

まず法律で定められた返済能力の調査が行われ、さきほどの話にあったように総量規制の判定をします。

次に、申込者の勤務先や年収などの情報を元に、返済能力があるかどうかの確認が行われます。

借入額が50万円を超える場合や、他の貸金業者からの借入も合わせて100万円を超える場合は申込み時に収入証明書の提出が必要です。

LINEポケットマネーの審査では「きちんと返済できるか」が重要なポイントとなります。

個人信用情報に問題がない

LINEポケットマネーのサービスを提供するLINECredit株式会社は、以下の2つの信用情報機関に加盟しています。

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)

審査ではこれらの信用情報機関から情報を取得し、信用情報の内容に問題がないか確認が行われます。

LINEポケットマネーは独自のルールベースで審査を行っており、定められた一定の基準に当てはまった場合に融資を断っています。

例として、取得した信用情報を確認し他社の返済を長期滞納していた場合など「信用情報に問題がある」と判断された場合は審査に通過できません。

LINEスコアの点数が201点以上

LINEポケットマネーの独自審査では、ルールベースの審査以外にスコアリングサービス「LINEスコア」による審査が行われています。

LINEスコアとは、申込み時に提供したさまざまな情報や個人信用情報機関から取得した情報などをもとに、将来的に返済困難に陥る可能性をAIで計算しスコア(点数)で表現したものです。

利用者の信用度を点数化しているので、点数が高いほど審査では有利になります。

LINEポケットマネーの申込みには1000点満点中201点以上のLINEスコアが必要となり、それ以下の場合はサービスを利用することができません。

LINEスコアの算出基準

LINEスコアは以下の基準で点数化されます。

  • ライフスタイルに関する質問の回答
  • LINEヤフー株式会社および各グループ会社のサービスを利用する期間や頻度
  • LINEヤフー株式会社および各グループ会社のサービスのコンテンツの利用状況

LINEスコアを診断することで、LINEポケットマネーの仮条件(年利や限度額)が表示されます。

審査結果により契約時の条件とは異なる可能性がありますが、借入額の目安がわかるのでLINEポケットマネー申込み前に診断しておくことが正解です。

自分のLINEスコアは、LINEスコアのメインページから確認できます。

甘い?厳しい?LINEポケットマネーの審査難易度

LINEポケットマネーはLINEで手軽に申込みできるため、審査が甘いイメージを抱く人もいるでしょう。

しかし、実際の審査難易度に関しては、どちらかというと厳しい傾向があります。

LINEポケットマネーの審査では、クレジットカードの契約やカードローンの申込み時に必要となる信用情報の確認があります。

また、審査では返済能力も重視されることを考えると「審査が甘い」とは言えません。

ただし、LINEポケットマネーはLINEスコアによる独自審査を行っているため、一般的な消費者金融や銀行カードローンなどの審査と比較できない部分もあります。

ブラックでも借りられるケースとは

LINEポケットマネーはブラックでも借りられるといった口コミがあり、本当かどうか気になる人もいるでしょう。

さきほどの話で「LINEポケットマネーの審査は厳しい傾向にある」と伝えたため、信用ブラックで借りるなんて不可能だと思ったはずです。

実際にLINEポケットマネーの審査では信用情報を確認するため、ブラックの人はその時点で不利になります。

ですが、LINEポケットマネーはLINEスコアによる独自審査も行っているため、LINEスコアの点数によってはブラックでも審査に通過できるケースがあります。

信用ブラックでLINEポケットマネーを利用したい人は、LINEスコアを上げてから申込みましょう。

LINEポケットマネーの審査にかかる時間

LINEポケットマネーは審査で個人信用情報の照会をするため、当日中に審査結果を確認するには信用情報機関を利用できる8:00〜22:00までの申込みが必要です。

スムーズに審査が行われた場合、申込みから最短30分〜1時間程度で審査結果がわかります。

ただし、申込み時間に限らず審査状況によっては審査結果の連絡に2〜3日以上かかることもあるので、審査結果が出るまでしばらく様子をみましょう。

LINEポケットマネーの在籍確認の有無

LINEポケットマネーは、職場に在籍確認の電話をすることがあります。

ただし、すべての申込み者の職場に電話がかかってくるわけではなく、在籍確認が必要だと判断された場合のみです。

在籍確認があるケースとしては、借入希望額が50万円を超えるなど収入証明書の提出が必要になるケースが挙げられます。

在籍確認は返済能力を調べる目的があるため、借入額が高額になるほど必要性が高くなります。

借入希望額が少ない場合は、職場に在籍確認の電話はなかったというケースが多いです。

在籍確認のタイミングはいつ?

在籍確認が行われるタイミングは、LINEポケットマネーの申込み手続き完了後になります。

基本的には平日の営業時間内で在籍確認を行うため、土日祝日を含む営業時間外に在籍確認の電話が来ることはありません。

また、在籍確認の日時を相談することや「電話をしないで」と頼むことは不可能です。

在籍確認が必要な申込者に対しては、在籍の確認が取れてから審査結果が伝えられます。

LINEポケットマネーの審査に落ちたときの対処法

LINEポケットマネーの審査に落ちてしまった場合は、以下の対処法を検討しましょう。

半年以上経ってから再申し込みする

LINEポケットマネーは一度審査に落ちても、再申し込みすることが可能です。

ただし、すぐに再申し込みしても審査結果は変わりません。

信用情報にLINEポケットマネーに申込みした履歴が半年ほど残るので、審査で不利になる可能性があります。

再申し込みを検討する人は、最低でも半年以上経ってから申し込むのがおすすめです。

LINEスコアの点数を上げる

LINEポケットマネーは審査に落ちても再申し込みできますが、審査に通過するには申込み内容の見直しが必要になります。

審査に通過できる可能性を高くするには、LINEスコアの点数を上げることを考えましょう。

LINEスコアの算出基準でお伝えしたように、LINEヤフー株式会社および各グループ会社のサービスやコンテンツを利用すると点数化されます。

LINEスコアを上げたい人は、以下のサービスを積極的に利用しましょう。

<LINEのサービス一覧>

  • LINE証券
  • LINE FX
  • LINEギフト
  • LINE1 BITMAX
  • LINE家計簿
  • LINEクーポン

その他のサービスについてはLINEのサービス一覧から確認できます。

後払いアプリを利用する

LINEポケットマネーの審査に落ちてしまった場合は、LINEポケットマネーよりも審査に通過しやすい後払いアプリの利用をおすすめします。

スマホ1つで利用できる手軽さはLINEポケットマネーに似ているため、同じような感覚で申込みすることが可能です。

利用限度額の高いアプリコンビニなどの実店舗で使えるアプリもあるので、自分に合った後払いアプリを探してみましょう。

後払いアプリに出金機能はありませんが、専門の現金化業者に依頼することで利用限度額の範囲内で現金化が可能です。

<おすすめの後払いアプリ>

アプリ名利用限度額実店舗の利用実店舗で利用する条件
PayPayあと払い最大50万円可能なし
バンドルカード最大5万円可能リアルカード発行
メルペイ最大30万円可能本人確認

LINEポケットマネーが口コミで怖いと言われているのはなぜ?

LINEポケットマネーが口コミで怖いと言われているのには、以下のような理由があります。

手軽に利用できてしまう

LINEポケットマネーが口コミで怖いと言われている理由は、誰でも手軽に利用できてしまうことにあります。

申込みから借入までLINEで完結するので申込みの敷居が低く、よく考えずに借入してしまう人がいるのも事実です。

利便性の高さはLINEポケットマネーの魅力ですが、一方で簡単にお金を借りられる怖さもあります。

LINEポケットマネーを申込みする際は、本当に借入が必要かよく考えて、計画的に利用することが大切です。

在籍確認で職場にバレるリスクがある

LINEポケットマネーが口コミで怖いと言われているのは、在籍確認で職場にバレるリスクがあるからです。

職場への在籍確認は必要な場合のみ行われますが、職場に連絡される可能性を考えると申込みに戸惑う人もいるでしょう。

実際のところ、在籍確認はオペレーターの個人名で職場に電話がかかってくるので、LINEポケットマネーに申込みしたことが職場にバレる可能性は低いです。

ただし、職場に在籍確認の電話があったことで、察しがいい人はクレジットカードやローンなどの契約だと気づく可能性もゼロではありません。

どうしても在籍確認を避けたい場合は、LINEポケットマネーではなく在籍確認なしの消費者金融の利用をおすすめします。

金利が高めに設定されている

LINEポケットマネーの金利は実質年率3.0%〜18.0%と高めに設定されているため、返済時の負担を考えると怖いという口コミもあります。

消費者金融と同じくらいの金利なので、銀行カードローンに比べると金利負担が気になるのは事実です。

よく考えずに借入して後悔しないためには、返済シミュレーションで実際の返済額がどれくらいになるか確認してから申込みしましょう。

返済シミュレーションは、LINEアプリのポケットマネーのページで利用することが可能です。

LINEポケットマネーの申込みから借入までの流れ

ここからは、LINEポケットマネーの申込みから借入までの流れを説明します。

以下の手順を参考に、申し込みを進めましょう。

  1. LINEスコアの診断をする
  2. かんたん本人確認を行う
  3. 必要情報を入力
  4. 審査結果を確認する
  5. 借入する

STEP1:LINEスコアの診断をする

LINEポケットマネーに申込みする前に、LINEスコアの診断を済ませておきましょう。

LINEポケットマネーはLINEスコアの点数をもとに

審査を行うため、申し込みには診断結果が必要になります。

【LINEスコアの診断方法】

  1. 「LINEウォレット」の資産ページを開き「LINEスコア」をタップ
  2. 「スコアを診断する(無料)」をタップ
  3. 利用規約に同意して「次へ」をタップ
  4. 15問の質問に答えて診断完了

STEP1:かんたん本人確認を行う

LINEスコアの診断が終わったらLINEポケットマネーの申込みに進み、本人確認を行います。

  1. 「LINEウォレット」から「ポケットマネー」を選択
  2. 「申し込む」をタップ
  3. 利用規約とプライバシーポリシーの内容を確認し「次へ」をタップ
  4. 写真付きの身分証を用意して本人確認を行う

本人確認を行う際は、以下のいずれかの書類の提出が必要になります。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書

運転免許証・運転経歴証明書を持っていない人は、以下の書類を用意しましょう。

  • マイナンバーカード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード(在留資格が「永住者」の場合のみ)

STEP2:必要情報を入力

本人確認が完了したら、申込みに必要な情報を入力します。

ここでは、申込者の個人情報(氏名・住所・年齢・勤務先・年収など)や、借入希望額などの入力が必要になります。

申込み情報の入力が完了すると、審査待ちの画面に変わります。

STEP3:審査結果の確認

審査が完了すると専用LINEアカウントから審査結果の通知が届きます。

LINEポケットマネーを利用できるのは、審査に通過した人のみです。

審査に通過した場合は契約内容(金利や金額など)を確認し、問題がなければ同意して契約を済ませましょう。

STEP4:借入する

LINEポケットマネーの契約が完了すると、以下の手順で借入ができるようになります。

  1. LINEポケットマネーのトップページにある「借入する」をタップ
  2. 借入金額と入金先を選択し、内容を確認して「次へ」をタップ
  3. パスコード認証または生体認証を行う
  4. 借入完了

入金先の選択ではLINE Payにチャージする方法と銀行口座に入金する方法のどちらかを選ぶことが可能です。

LINEポケットマネーの返済方法

LINEポケットマネーの返済方法は、以下の2つの方法から選択できます。

毎月決まった金額を定額返済(約定返済)

LINEポケットマネー申込み時に選択した「約定返済日」に、LINEPay残高から約定返済金額を自動で引き落とす支払い方法です。

約定返済日にLINEPay残高が不足している場合は、LINEPayに連携している指定口座から不足分がLINEPayに自動的にチャージされます。

好きなタイミングで返済(随時返済)

「約定返済日」以外の日に随時返済機能を使って好きなタイミングで返済する方法です。

随時返済を行った場合は、次回の約定返済金額から随時返済で払った分が減額される仕組みになっています。

返済を早く終わらせたい人は、利息を減らし総返済額を減らす効果のある随時返済の利用がおすすめです。

随時返済の方法は「LINEPayに連携した返済用口座からの返済」か「LINEPay残高からの返済」のどちらかを選択できます。

<随時返済の手順>

  1. 「返済する」を選択
  2. 返済金額を入力し「次へ」をタップ
  3. 入力した内容に間違いがないか確認
  4. 返済完了

銀行口座からの随時返済は、借入残高が100円以上ある場合に利用できます。

LINEPay残高からの返済は、1円から返済が可能です。

まとめ

LINEポケットマネーは、申込みから借入までLINEで完結できる融資サービスです。

審査では信用情報や返済能力の他にLINEスコアの点数が重視されるため、審査自体は厳しい傾向にあります。

金利も高めに設定されているので、借入を検討している人はよく考えてから申込みしましょう。

への口コミを書く

1
2
3
4
5
0
万円
%

現金化サービスおすすめ優良店 現金化サービスおすすめ優良店

LINEポケットマネーの審査は厳しい?審査基準・在籍確認の有無・審査に落ちたときの対処法について解説!

口コミ総合評価 口コミ信頼性への取り組み

3.34

評価件数
12

オンラインキャッシュ
換金率 90% 〜 97
限度額 最低5万円   最高500万円
振込スピード 最短10
営業時間 09:0019:00(営業中)

キャンペーン情報

  • 限定

    11時〜15時の新規ご契約で特別換金率でご案内

  • 特典

    VISA. Masterのご利用で特別換金率でご案内

対応がとても気持ち良かったです。

マイケル

対応がとても気持ち良かったです。
  • 利用金額 30万円
  • 換金率 90%

投稿日:2023/10/27

何件か電話した中で1番対応が良く、とても素早く入金して頂けました。

スピード抜群でした

ルマン

スピード抜群でした
  • 利用金額 10万円
  • 換金率 83%

投稿日:2023/10/27

振込がすぐでした。

助かりました

まみ

助かりました
  • 利用金額 50万円
  • 換金率 90%

投稿日:2023/10/27

換金率もまあまあで、娘の大学授業料が払えました。

簡単でした!

みー

簡単でした!
  • 利用金額 24万円
  • 換金率 85%

投稿日:2023/10/27

不安だらけでしたが、こんなに簡単だと思いませんでした。 スタッフの方の説明もわかりやすく安心して利用できました。

口コミを見る

利用額換金率実際の換金率
1万円〜10万円91%91%
10万円〜20万円91%87.75%
20万円〜30万円91%85%
30万円〜40万円94%89.6%
40万円〜50万円94%-
50万円〜60万円97%90%
60万円〜70万円97%-
70万円〜80万円97%-
80万円〜90万円97%-
90万円〜100万円97%-
100万円以上25%-

※「実際の換金率」とは、口コミの利用金額帯ごとの平均値です。

オンラインキャッシュは出張サービスも実施!

お客様がお仕事などのご都合で営業時間内にお取引できない場合、また何かしらの事情で外出が困難な場合は出張サービスをご利用ください。

出張先は関東地方限定になりますが、お客様のご都合の良い日程でお取引できます。

オンラインキャッシュは可能な限りお客様に還元するスタイル

他社ではお客様負担となる送料、銀行振込手数料は、オンラインキャッシュが負担します。

決済手数料はお客様負担となりますが、すべての手数料を負担するわけではないので、効率的な現金化が可能になっています。

キャンペーン情報

  • 限定

    11時〜15時の新規ご契約で特別換金率でご案内

  • 特典

    VISA. Masterのご利用で特別換金率でご案内

おすすめ現金化店ランキング

ソクフリ

ソクフリ

  • 総合評価

    3.07

  • 換金率

    73% ~ 95%

  • 限度額

    0.5万円 ~ 500万円

詳細はこちら

スピードワン

スピードワン

お客様満足度98.7%!高品質のサービスを受けるならスピードワン

  • 総合評価

    3.16

  • 換金率

    92% ~ 96%

  • 限度額

    1万円 ~ 500万円

詳細はこちら

オンラインキャッシュ

オンラインキャッシュ

丁寧なスタッフ対応が高評価!選択できる2つのプランで柔軟な現金化

  • 総合評価

    3.34

  • 換金率

    90% ~ 97%

  • 限度額

    5万円 ~ 500万円

詳細はこちら

現金化の口コミ