お金のコラム

クレジットカード現金化は横領罪or詐欺罪に問われる可能性がある?法的なリスクについて解説

2021.07.02

2023.01.17

クレジットカード現金化は横領罪or詐欺罪に問われる可能性がある?法的なリスクについて解説

「クレジットカード現金化がバレると、どんなペナルティーがあるの?」「カード現金化利用者が逮捕された事例はある?」といった疑問をお持ちではありませんか?

結論を言うと、クレジットカード現金化は横領罪or詐欺罪に問われる可能性があるものの、これまでに利用者側が逮捕された事例はありません。

ではなぜ、クレジットカード現金化が横領罪や詐欺罪に問われる可能性があるのでしょうか?

今回はクレジットカード現金化の法的リスクについて解説します。

クレジットカード現金化が横領罪に問われる理由

クレジットカード現金化の「買取式」は、カード会社の所有物を横領して利益を得たと判断され、横領罪に問われる可能性があります。

ただし、クレジットカード現金化の利用者が横領罪で逮捕されたり、訴訟を提起されたりした事例はありません。

横領罪とは、他人の所有物を不法に自分のものとする罪のことです。

クレジットカード現金化の買取式は、クレジットカードで購入した商品を、その商品代金の完済前に転売して現金化します。

この仕組みこそが、横領罪に問われる理由です。

そもそもクレジットカードは、カード利用者が購入した商品代金の支払いを、クレジットカード会社がいったん立て替えるというの仕組みで成り立っています。

カード利用者の手元に商品がわたっても、商品代の支払いが完了するまでの商品の所有権はカード会社にあります。

これを「所有権留保」といいます。

なお、クレジットカード現金化の「キャッシュバック式」は、横領にあたりません。

クレジットカード現金化が詐欺罪に問われる理由

クレジットカード現金化行為は、カード会社を騙したとして詐欺罪に問われる可能性があります。

ただし、クレジットカード現金化の利用者が詐欺罪で逮捕されたり、訴訟を提起されたりした事例はありません。

詐欺罪とは、他人から金品などをだまし取ったり、代金の支払いを免れたりする罪のことです。

会員規約が現金化目的のカード利用を禁止していると知っておきながら、または現金化目的のカード利用を禁止している会員規約に同意しておきながら、現金化の意図を隠してクレジットカードで商品を購入することは、カード会社に対する詐欺行為にあたります。

現状では、クレジットカード現金化の利用者が詐欺罪に問われた事例はありません。

ただし、一度に数百万円の商品をカード現金化に利用したり、限度を超えた使い方をしたりした場合は、この限りではありません。

クレジットカード現金化は違法ではないグレーゾーン行為

クレジットカード現金化じたいは、それを規制する法律そのものがないため、違法ではありません。

ただし、以下に挙げる理由から、ショッピング枠の現金化は「グレーゾーンの行為」「リスクが高い方法」という認識を持っておく必要があります。

カード現金化はカード会社の規約違反行為

ショッピング枠の現金化は、各カード会社が会員規約で禁止している「クレジットカードの換金目的の使用」にあたります。

そもそもカード利用者は、カード会社の会員規約に同意したうえでクレジットカードを付与されています。

同意したはずの規約に違反すれば、当然ながら規約で取り決められているペナルティーが課されます。

カードの不正使用のペナルティーは、利用金額の一括返済や強制解約です。

さらに、強制解約は個人信用情報機関のCICに登録され、他のカード会社や金融機関にも情報が共有されます。

強制解約の登録期間は契約終了後5年以内です。

登録機関中はカード決済やカードの再発行が一切できなくなります。

このことから、クレジットカード現金化は細心の注意を払って行わなければなりません。

カード現金化の利用履歴があると自己破産が難しい

自己破産とは、財産や収入の不足により「支払不能」の状態であることを裁判所に認めてもらい、借金の支払い義務を免責してもらう法的手続きのことです。

借金を帳消しにしてもらう強力な手続きですが、カード現金化の利用履歴がある場合、自己破産が非常に困難になります。

なぜなら、ショッピング枠の現金化は、免責(借金返済の免除の許可)が認められない「免責不許可事由」にあたるからです。

クレジットカード現金化が原因で免責不許可事由が指摘されれば、自己破産が認められず、自力で借金を返済していくしかありません。

ただし、借金の原因に免責不許可事由があったとしても、「裁量免責」という形で認めてもらえることもあります。

裁量免責とは、裁判官が諸般の事情を考慮して、免責不許可事由があっても免責を許可してよいと判断することです。

諸般の事情とは、債務者本人が「深く反省していること」「二度と多重債務に陥らないと誓約すること」です。

裁量免責を認められるには、反省文が効果的とされています。

クレジットカード現金化の法的リスクに関するQ&A

クレジットカード現金化の法的リスクに関して、よくある質問とその回答をQ&Aにまとめました。

  • カード会社にバレないようにクレジットカード現金化をするためには?

    「カード事故0件」の実績がある優良現金化業者に依頼しましょう。

    優良現金化業者であれば、申込者のクレジットカードの利用履歴から、カード会社にバレにくい商品を提案してくれます。
    自分でクレジットカード現金化をする場合は、自己責任でカード会社にバレない対策を講じる必要があります。

  • クレジットカード現金化の利用者が横領罪や詐欺罪で逮捕された事例はありますか?

    ありません。

    ただし、クレジットカード現金行為に対して、金融庁や弁護士会が注意を喚起しているため、今後の動向次第では法的に罰せられる可能性が無きにしも非ずです。

現金化をお考えの方へ

クレジットカード現金化が横領罪や詐欺罪に問われる可能性について解説しました。

現状では、クレジットカード現金化を行った人が、その行為について何らかの罪に問われた事例はありません。

ただし、今後、法令が強化されるなどして利用者側が厳しく取り締まられる可能性が無きにしも非ずです。

クレジットカード現金化は「グレーゾーン」の行為であることを認識して、細心の注意を払って利用しましょう。

当サイトでは、安心・安全に利用できる優良現金化業者を紹介しています。

クレジットカード現金化業者選びの参考になさってください。

現金化サービスおすすめ優良店 現金化サービスおすすめ優良店

クレジットカード現金化は横領罪or詐欺罪に問われる可能性がある?法的なリスクについて解説

口コミ総合評価 口コミ信頼性への取り組み

3.47

評価件数
19

エニタイム
換金率 80% 〜 98.8
限度額 最低1万円   最高500万円
振込スピード 最短3
営業時間 09:0018:00(営業中)

キャンペーン情報

  • 限定

    12時〜17時の申込みで換金率大幅アップ

  • 特典

    2回目以降の換金率UPキャンペーン実施中

貧すれば鈍する…ですね。

しゅうか

貧すれば鈍する…ですね。
  • 利用金額 20万円
  • 換金率 77%

投稿日:2023/10/29

46,000円という金額は高額です。だけどお金に困って焦っていると正常な判断が出来なくなり、20万円の枠の中から46,0

入金スピードが速い

さとし

入金スピードが速い
  • 利用金額 10万円
  • 換金率 83%

投稿日:2023/10/27

申し込んでから入金までが5分かからなかった!混んでるときは少し時間がかかるって言われたけど初めての利用でこれは十分満足で

文句無しに良い!!

abe

文句無しに良い!!
  • 利用金額 15万円
  • 換金率 85%

投稿日:2023/10/27

他社では利用したことあったけどたまたま口コミサイトを見てて気になったので連絡してみました! 換金率は他社より低めに思えま

初回サービス最高、親切

やのうん

初回サービス最高、親切
  • 利用金額 15万円
  • 換金率 82%

投稿日:2023/10/27

ペイディapple枠だと少し時間がかかるってことで違うアプリで申込しましたが、電話での問い合わせだからということで初回キ

口コミを見る

利用額換金率実際の換金率
1万円〜10万円80%81.67%
10万円〜20万円82%83.5%
20万円〜30万円84%84.67%
30万円〜40万円86%82.5%
40万円〜50万円88%87%
50万円〜60万円90%90%
60万円〜70万円92%-
70万円〜80万円94%-
80万円〜90万円96%-
90万円〜100万円98%-
100万円以上30%-

※「実際の換金率」とは、口コミの利用金額帯ごとの平均値です。

後払いアプリは換金率70%〜95%!

ペイディやバンドルカードの後払いアプリは、最低でも換金率70%で現金化することができます。

70%という数字を見て少し低く感じるかも知れませんが、後払いアプリの換金相場は70%〜80%なので、最低保証としては十分な換金率だと言えるでしょう。

また、ご利用金額が増えることで、最大95%で現金化することも可能です。

エニタイムは業界内でも営業時間が長い

一般的に、現金化業者の営業時間は18時〜20時には終了してしまいます。

そのため仕事終わりなどに申込をしても、返信が翌日になることも少なくありません。

しかし、エニタイムの営業時間は土日祝日を含めて8時〜23時なので、お客様の都合に合わせて好きなタイミングで連絡を取ることができます。

創業以来カードトラブルゼロの高い信頼性

エニタイムは安心して利用できる仕組みを作り上げており、創業からクレジットカードが利用停止になったお客様はひとりもいません。

カードトラブルにつながるような商品を使わずに、エニタイムオリジナルの商品を購入していただくので安心してお取引できます。

個人情報は徹底管理されており、家族や職場にバレる心配もありません。

キャンペーン情報

  • 限定

    12時〜17時の申込みで換金率大幅アップ

  • 特典

    2回目以降の換金率UPキャンペーン実施中

おすすめ現金化店ランキング

あんしんクレジット

あんしんクレジット

利用者10万人突破!最短3分のスピード入金可能

  • 総合評価

    3.46

  • 換金率

    91% ~ 99.2%

  • 限度額

    1万円 ~ 300万円

詳細はこちら

買取ヤイバ

買取ヤイバ

業界屈指の買取率!LINE申込で買取率0.5%UP!

  • 総合評価

    3.00

  • 換金率

    68% ~ 95%

  • 限度額

    0.05万円 ~ 500万円

詳細はこちら

オレンジチケット

オレンジチケット

クレカ・後払いアプリを最短5分で現金化|メルペイも即日対応!

  • 総合評価

    3.25

  • 換金率

    75% ~ 88%

  • 限度額

    3万円 ~ 500万円

詳細はこちら

現金化の口コミ