お役立ちコラム

ショッピング枠を換金してお金を手に入れるには?換金率の決まり方や安全な方法を解説

現金化の仕組み

2020.12.15

2020.12.27

ショッピング枠を換金してお金を手に入れるには?換金率の決まり方や安全な方法を解説

クレジットカードのショッピング枠を換金する方法を、一般的に「クレジットカード現金化」や「ショッピング枠現金化」と言います。

本人名義のクレジットカードを所持している人であれば、借入状況や信用状況などに関わりなく、だれでも簡単にショッピング枠を換金して現金を手に入れることができます。

今回はショッピング枠を換金する仕組みや、重要な「換金率」の決まり方、さらにはカード利用停止リスクに備える安全な方法について解説します。

ショッピング枠を換金する仕組み

クレジットカードについている「ショッピング枠」を「換金する」とは、どのような仕組みで、なぜお金に変えることができるのでしょうか?

まずはショッピング枠の換金の仕組みについて解説します。

換金の仕組みには、大きく分けて「買取方式」と「キャッシュバック方式」の2つがあります。

買取方式

買取方式は、自分でショッピング枠を換金する場合や、昔ながらの店舗型のクレジットカード現金化業者が利用する仕組みです。

仕組みじたいは非常に単純で、クレジットカードで購入した商品を買取業者等に転売して換金します。転売を利用した単純な仕組みなので、現金化業者を利用せずとも自分で換金することもできます。

クレジットカードで購入する商品は、たとえば人気ブランドのバッグや利用者の多いECサイトのギフト券のように、市場のニーズの高いものを選べば、高く買い取ってもらえる可能性があります。

買取方式はだれにでも簡単に実践できるクレジットカード現金化の方法として、まとめサイトなどでも紹介されています。

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式は、インターネット上で営業している「カード現金化サイト」が取り扱っています。

カード現金化サイトに現金化を申し込むと、キャッシュバック特典付きの商品をクレジットカードで購入するように案内されます。

利用者はクレジットカードで指定の商品を購入することで、その特典として現金をキャッシュバックしてもらうという仕組みです。

キャッシュバック特典付きの商品そのものに金額相当の価値はありませんが、利用者は後日、カードで購入した商品を郵送かメール添付にて、必ず受け取る必要があります。

ショッピング枠の「換金率」の決まり方

クレジットカードのショッピング枠を換金するにあたって、もっとも重要なポイントが「換金率」です。

換金率は文字どおり、ショッピング枠を換金できる割合のことを指します。

自分でショッピング枠を換金する場合も、専門業者に換金を依頼する場合も、この換金率が高いか低いかで、手元に残せる現金の額が大きく変わります。

たとえば、ショッピング枠の残高10万円を換金率90%で換金する場合と、換金率80%で換金する場合とでは、手元に残せるお金に1万円の差が生じます。

では、換金率はどのような要素で決まるのでしょうか?買取方式の場合とキャッシュバック方式の場合で見ていきましょう。

買取方式の換金率の決まり方

買取方式は、換金する商品の価値が高ければ高いほど、換金率(=買取率)も高くなります。価値が高いとは、すなわち市場のニーズの高さを指します。

自分でクレジットカード現金化をする場合はこの市場のニーズの高い商品、すなわち高く買い取ってもらえそうな商品を換金することがポイントとなります。

たとえば、日本でもの人気の高いAppleの最新型Apple MacBook Proを20万円で買って換金する場合と、日本ではほとんど知られていないメーカーの同型のノートパソコンを買って換金する場合とでは、どちらの換金率が高くなるでしょうか?

当然ながら、市場のニーズが高い最新型Apple MacBook Proのほうが、高く買い取ってもらえる可能性があり、換金率も高くなります。

ただし、昔ながらの店舗型クレジットカード現金化業者で換金する場合は、この限りではありません。

店舗型の業者は独自の換金率を設定しているため、事前に問い合わせるなどして確認するようにしましょう。

現在、換金率が安定していて、初めてショッピング枠の換金をするという方にもおすすめの商品が「Amazonギフト券」です。

Amazonギフト券はAmazon公式サイトにてクレジットカードで購入でき、インターネットのギフト券買取業者に75%前後の換金率で買い取ってもらえます。

優良なギフト券買取業者は以下の記事をご確認ください。

キャッシュバック方式の換金率の決まり方

キャッシュバック方式は、商品そのものに金額相当の価値がありません。

したがって、買取方式ほど明確な換金率の決まり方というものはありませんが、キャッシュバック方式では以下のような要素が換金率に影響を及ぼします。

  • ショッピング枠を換金する額
  • クレジットカードのブランド
  • 取引回数

なお、キャッシュバック方式での換金は、高い換金率を提示していて、なおかつ信頼性の高い優良業者を選ぶことが大切です。

当サイトがおすすめする優良現金化サイトはこちらの記事をご確認ください。

ショッピング枠を換金する額

キャッシュバック方式は、ショッピング枠を換金する額が高くなるほど、換金率も高くなります。

換金率はすなわち、業者側が1回の取引で得る利益です。

たとえば、ショッピング枠10万円を換金率80%で換金すれば、8万円が利用者に、2万円が業者側の利益となります。一方、ショッピング枠50万円を換金率90%で換金すれば、45万円が利用者に、5万円が業者側の利益となります。

このように、利用者が希望する換金額が高ければ高いほど、業者側は得られる利益が大きくなるため、換金率が下がる傾向にあるのです。

クレジットカードのブランド

クレジットカードにはVISA、MasterCard、JCB、American Expressといったブランドがあります。

カードのブランドが違えば、業者側が決済代行会社に支払う決済手数料の金額も違ってきます。

したがって、決済手数料が高いブランドのカードで現金化サービスを利用した場合、換金率がやや低く設定される可能性があります。

取引回数

同じ業者で繰り返し現金化サービスを利用すると、取引回数に応じて換金率が高くなります。

取引回数が多いということは、業者側にとってその利用者は「良い顧客」であり、今後も繰り返し利用してほしいということから、換金率を上げていくからです。

ただし、多くの利用者を呼び込みたい業者は、「初回取引の換金率アップキャンペーン」などを実施している場合もあります。

ショッピング枠を換金するときの注意点

クレジットカード会社の各社は、会員規約で「換金目的のカード利用」を禁止しています。

たとえば、楽天カードのカード会員規約には以下のような記述があります。

第19条(カード利用の停止、会員資格取消し)
会員が、支払いを怠る等本規約に違反した場合、違反するおそれがある場合、会員のカード利用状況について、換金目的とした商品購入の疑いがある等不適当又は不審があると当社が認めた場合、前条の再審査に協力しない場合、再審査の結果によりカード利用の継続が不適切であると当社が認めた場合、不正被害を未然に防止する必要があると当社が認めた場合、その他当社が必要と判断した場合には、当社は会員に通知することなく次の措置をとることができるものとします。
(1)カードの利用断り。
(2)カードの利用停止(カードショッピングの全部又は一部の利用停止、カードキャッシングの全部又は一部の利用停止及びカード付帯サービス・機能の全部又は一部の利用停止を含む)。
(3)加盟店等に対する当該カードの無効通知。
(4)当社が必要と認めた法的措置。

引用:https://www.rakuten-card.co.jp/agreement/card_member/

万が一、ショッピング枠の換金行為がカード会社に発覚すれば、上記規約のように利用停止や法的措置といったペナルティーを受ける可能性があります。

換金目的のカード利用が疑われやすい条件

以下の挙げる条件にあてはまる場合、カード会社から換金目的のカード利用を疑われやすくなります。

  • ショッピング枠いっぱいまで利用した
  • 新規発行したばかりのカードで高額のショッピングをした
  • 新幹線の回数券や金券など換金性の高い商品を連続で購入した

上記は自分でショッピング枠を換金する場合に陥りやすい行動ですので、とくに注意しましょう。

換金目的のカード利用が疑われたときの対処法

カード会社に換金目的のカード利用を疑われても、冷静に対処すれば換金目的の利用のペナルティーを回避することができます。

カード会社はクレジットカードの不正使用と疑われる決済が合った場合、セキュリティーロックをかけることにより一時的にカードが利用できない状態にします。

その後、カード会社から不正使用はなかったか確認の電話がかかってくるので、換金目的のカード利用でないことを説明して納得してもらえると、カード利用が再開される可能性があります。

ここで焦って「ショッピング枠を換金するつもりだった」などと言ってしまうとカード利用停止になるリスクがあるので、つとめて冷静に対処するようにしましょう。

ショッピング枠の換金に関するQ&A

ショッピング枠の換金に関して、よくある質問とその回答をQ&Aにまとめました。

Q.ショッピング枠の換金をしたことで信用情報にキズがついたりしませんか?
A.ショッピング枠の換金はカードローンやキャッシングなどの融資と異なり、信用情報に影響しない取引です。信用ブラックの人でも自分名義のクレジットカードがあればショッピング枠の換金ができ、利用した分の金額をしっかりと返済すれば信用情報に登録されることもありません。ただし、クレジットカードの返済を分割・リボにした場合は要注意です。滞納があれば当然ながら信用情報に登録されます。また、利用限度額いっぱいまでリボ払いを利用している「リボ天」の状況が続けば、信用情報にマイナスの情報が登録されてしまいます。
Q.自分でショッピング枠を換金する方法と現金化業者を利用する方法とでは、どちらがお得ですか?
A.換金率や入金までのスピードなど、利用者が希望する条件でどちらがお得かが変わってきます。たとえば、やや時間と手間はかかりますが、75%前後の安定した換金率を重視するなら「Amazonギフト券」を転売する方法がお得です。一方、ほとんど時間と手間がかからず、数十万円以上の換金でも安心な「現金化業者」がお得な場合もあります。どちらを選ぶかは、「いつまでにお金が必要なのか」「換金率はいくらなのか」「安全性は確保されているのか」など、自身が優先する条件を明確にしておきましょう。
Q.自分でショッピング枠の換金をすると、カード会社にバレますか?
A.カード会社はクレジットカードの不正使用と疑われる決済があった場合に、クレジットカードを一旦止める(セキュリティーロック)場合があります。不正使用が疑われやすい条件とは、「新規発行のカードでショッピング枠いっぱいまで利用した」「換金性の高い商品を連続で購入した」などです。
>>「不正使用が疑われやすい条件と利用停止の対処法」について詳しく見る

カード利用停止リスクに備えるなら専門業者がおすすめ

クレジットカードのショッピング枠を換金するときの重要なポイントと注意点について解説しました。

ショッピング枠の換金は法律で規定されているわけではありませんが、クレジットカード会社の各社が会員規約で禁じている行為ですので、いわば「グレーゾーンな換金方法」です。

すでに解説した通り、会員規約に違反してショッピング枠の換金を行い、それがカード会社にバレると、カード利用停止や強制解約といったペナルティーを受け、数年はカードの新規発行ができないなどの不利益を被ることになります。

「どうしてもお金が必要だが、なるべく安全な方法でお金を手に入れたい」という場合は、クレジットカード現金化を専門に扱う業者の利用がおすすめです。

とくにインターネットのクレジットカード現金化業者は、カード利用停止の対策はもちろん、情報流出や不正使用に対するセキュリティーも万全です。

安全に、なおかつお得にショッピング枠の換金を行うなら、優良なクレジットカード現金化業者を利用しましょう。

当サイトがおすすめする優良現金化サイトは、こちらの記事もご確認ください。

和光クレジット

和光クレジット

  • 換金率

    :

    87%~94%

  • 限度額

    :

    最低3万円 最高1000万円

  • 振込スピード

    :

    最短
    5

  • 接客対応

    :

    評価
    87

  • 営業時間

    :

    09:00~18:00

  • 換金率

    87%~
    94%

  • 限度額

    最低3万円 最高1000万円

  • 振込早さ

    最短
    5

  • 接客対応

    評価
    87

  • 営業時間

    09:00~
    18:00

和光クレジットはカード事故0件、クレーム0件のお客様から信頼が厚いサービスを提供しています。 現金化プランは「個人プラン」と「法人プラン」に分けられており、どちらのプランも最短5分でのお振込みが可能です。 コロナの影響で収入が減った方を対象

限定キャンペーン

コロナで減収の方限定「20万円以上のご利用で92%保証」

イチオシ特典

期間&回数限定「10万円以上で88%保証」

3.44

口コミ件数
9

口コミを見る

口コミ評価 :

3.44

口コミ件数9

  • !!!

    最短5分って嘘でしょって感じだったけどマジであっという間に口座に入金されたのと、担当と話してみて身内にバレないって信用出来たから助かった。
  • ゆうちょ持ってるって言ったじゃないですか!

    ゆうちょなら時間外でも振り込みOKだって言うから申し込みしたのに、スタッフさん何を聞いていたのか「地方銀行に振り込みます」って忙しいのかも知れないけど、こっちだって切羽詰まって相談してるんです!

口コミを見る

詳細を見る